相続

相続ニュースヘッドライン 2019/11/30

サラリーマンでもできる「区分マンション投資」のメリットとデメリット|@DIME アットダイム


不動産投資というと、地主や資産家のイメージが浮かびますが、サラリーマンでもできる不動産投資もあります。それは、1,000~2,000万円の借入を利用して区分マンションを購入する方法ですが、サラリーマンが区分マ…
https://dime.jp/genre/813212/
2019/11/30 17:21

相続ニュースヘッドライン 2019/11/30サラリーマンでもできる「区分マンション投資」のメリットとデメリット|@DIME アットダイム 不動産投資というと、地主や資産家のイメ...

遺贈で3地銀と提携へ 桑名市、財産寄付円滑に /三重 – 毎日新聞


 近年、新しい社会貢献の形として注目され始めている「遺贈寄付」を推進するため、桑名市は近く、地銀3行と遺贈に関する協定を結ぶ。市民から遺贈を希望する申し出があれば、提携先の3行が遺言書の作成を支援するなどして円滑に市へ財産が寄付されるよう後押しする。遺贈に関し、県内自治体と地銀が提携するのは初めて。
https://mainichi.jp/articles/20191130/ddl/k24/010/146000c
2019/11/30 11:48

会社で木登りを…認知症ワンマン社長、「驚きの行動」を連発 | 富裕層向け資産防衛メディア | 幻冬舎ゴールドオンライン


「人生100年時代」となった日本。高齢化に伴い、認知症患者数も右肩上がりに増えています。家族や会社の人に迷惑をかけないため、事前の「相続対策」は必須といえます。特に中小企業経営者の場合、手遅れになってしまったときの損害は計り知れません。そこで本記事では、新月税理士法人の佐野明彦氏が、実際の事例を紹介し、生前対策の重要性を解説します。
https://gentosha-go.com/articles/-/24426
2019/11/30 05:02